<< 北八ヶ岳 7月14日〜15日 その1 | main | 雪の丹沢大山 2月23日 >>
2013.07.15 Monday

北八ヶ岳 7月14日〜15日 その2

0
    JUGEMテーマ:山行記録

     

     


     5時に起床。昨晩はかなり雨が降ったようだ。外は一面のガスで真っ白。天気は期待できそうにない。5時半に朝食。いつもの「山芋のすりおろし」をご飯にかけて食べる。しらびそ小屋名物。うまい。

    6時20分にしろびそ小屋発。10分ほど歩いた沢に「クリンソウ」のお花畑が広がる。花は終わりかけていて、鮮やかなピンク色、というわけにはいかなかったが、それでも十分に楽しめた。

    くりんそう

    7時30分に本澤温泉着。有名な「日本最高峰の露天風呂」をのぞいたりして7時45分発。夏沢峠に向かって登っていく。相変わらずガスは晴れない。8時50分に夏沢峠着。なんと急にガスが流れ始めて、硫黄岳の爆裂火口壁が姿を現す。全く眺望を期待していなかったのに・・・ 登ってみるものです。

    硫黄岳

    写真を撮りながら根石岳に向かう。しばらくは樹林帯が続く。「こけもも」や「ごぜんたちばな」「みねうすゆきそう」などの花が咲いている。相変わらず「苔」の緑は美しい。

    みねうすゆきそう

    10時10分に根石小屋前の砂礫地に着く。ここは「こまくさ」の群落がみられるところ。残念ながらほとんど花は終わっていた。そのかわり天狗岳が「どーん」と目の前に広がっている。

    こまくさ

    天狗岳

    根石岳の頂上に登ったころには再びガスが山を隠してしまっていた。白砂真道の下り口まで歩き、ひたすらに下っていく。11時25分に本澤温泉着。しらびそ小屋で作ってもらったお昼のお弁当を食べる。12時15分発。13時15分にしらびそ小屋着。14時25分に稲子湯着。温泉に入って岐路に。

    今回もそれなりの天気に恵まれて良い山行になった。ちょっとびっくり立ったのは、山ガールの多さだ。しらびそ小屋に同宿した人たちの中にも多かったし、歩いていてすれ違うのは「山ガール」か夫婦連れの登山者ばかりだった。20代だろう。3人連れ、2人連れ、単独と、思い思いに歩いていた。

    八ヶ岳はツアーで歩いている人はあまり見かけない。そういった意味で静かな山歩きができる。同時に山小屋がたくさんあって、トイレや水にも困らない。そんな理由もあって若い女性が多いのだろう。


    ここに写真があります → http://30d.jp/tomoki77/9

     

    表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp/

     

    コメント
    コメントする