<< 八ヶ岳 天狗岳 3月9日 | main | 北アルプス 蝶が岳 5月5日 >>
2013.05.04 Saturday

北アルプス 蝶が岳 5月4日

0
     徳沢 〜 長塀尾根 〜 蝶が岳

    5時半起床。朝ご飯はお弁当にしていただき、それを今日のお昼に食べることに。朝食は、持参したパンなどを食べ、足ごしらえをして7時には出発。

    20130504a

    30分も歩かないうちにガチガチの氷のような雪に変わる。そこでアイゼンを装着。長塀尾根はとにかく長い長い樹林帯の登山道がひたすらに続いていく。登りの登山者は数組だろうか。下りの登山者が多い。

    20130504b

    3時間ほど歩いたところで妻が音を上げはじめる。登るペースが極端に落ちていく。まぁ、行けども行けども雪の斜面が続き、展望も全くない。所々の急斜面では足を取られる。つまらない登りがひたすらに続く。とにかくなだめすかしながら11時過ぎに長塀山に。ここからは槍ヶ岳の姿がちょっとのぞける。ここでお昼のお弁当タイム。小さな鳥がたくさん雪の上を飛び回っていた。

    20130504c

    12時過ぎにやっと稜線に達する。突然開けた景色はもう何ともたとえようのないもの。槍ヶ岳から穂高岳への稜線がどどんと目の前に現れる。蝶が岳から常念岳への稜線もすぐ目の前だ。これがあるから山登りはやめられません。写真を撮りまくり、蝶が岳の山頂でのんびりして蝶が岳ヒュッテに。常念岳の方や三つ股から登ってきた登山者が多い。

    20130504d

    17時に夕食。18時過ぎには日が沈む、ということだったので、槍ヶ岳に沈む夕日を撮りに外に出た。

    20130504e

    写真を撮っていると、テント場の人たちが「ライチョウがいたよ」と話しているのを聞いた。三つ股への下山口あたりにいるらしい。急いでそちらに行くと、夫婦のライチョウがいるじゃないですか。メスは冬毛、オスは半分が夏毛に替わりつつある。

    20130505f
    20130504g

    何枚か写真を撮った後、まだライチョウを見たことがないはずの妻を急いで呼びに行く。戻ってくるうちにいなくなってしまうだろうな、とは思ったがとにかく急いだ。くつろいでいた妻をせかせて戻るとまだライチョウたちはそこにいてくれた。このあたりだけが雪解けが進みハイマツが顔を出している。その芽を一生懸命についばんでいるようだ。

    20130504h

    いやぁ、良いものを見ることが出来た。私も冬毛のライチョウを見るのは初めてだった。暗くなりかけた山頂をあとに山小屋に。しばらく持ってきたバーボンをなめながらライチョウの写真を見て過ごした。

    次の日のページへ → http://tanzawa77.jugem.jp/?eid=5

    写真アルバム → http://30d.jp/tomoki77/4
    コメント
    コメントする