<< 秋の弘法山ハイク | main | 丹沢を歩く 札掛の紅葉と原生林 >>
2016.11.04 Friday

鍋割山

0

    JUGEMテーマ:山行記録

     

    8時ちょっと過ぎの渋沢発のバスに乗って大倉へ。バスは何便も臨時が出るほど登山客でいっぱいです。今日は鍋割山に登ります。雲は多いですが、ところどころ晴れ間も見えています。

     

    8時45分に大倉発。しばらくは長い林道歩きです。1時間半ほどで二股へ。ここから一気に登っていきます。木々は夏のように青々としています。30分ほどで後沢乗越に。

     

    ここから尾根をつめていきます。このあたりからブナやミズナラ、クヌギなどの広葉樹林が広がっていきます。標高1200メートルを越えるあたりから赤や黄色の木々が増えてきます。時々、青空も見えて秋の色づきが映えます。

     

    鍋割01

     

    思っていた以上に秋色に染まった中の山歩きを楽しみつつ12時ちょうどに山頂に。広い山頂は登山客でいっぱい。みんな「名物鍋焼きうどん」を食べています。私たちは「鶏だんご鍋」です。湯を沸かして鍋キューブを入れます。そこに鶏だんご、ニンジン、ねぎ、はくさい、きのこなどの具材を投入。

     

    鍋割02

     

    うまい(^_-)

     

    つぎにうどんを三玉投入。いっしょに登ったT君がほぼ二玉をたべました。

     

    13時15分に山頂発。ここから塔が岳方面への稜線はブナの原生林が広がる、わたしの大好きな稜線です。塔が岳、丹沢山、蛭が岳、檜洞丸の山々とその稜線もきれいに見えます。本当に気持ちよい。

     

    鍋割03

     

    14時20分に金冷しに。ここからは大倉尾根(通称バカ尾根)をどんどん下っていきます。16時15分に大倉着。すぐにバスに乗って渋沢駅に。

     

    いつものことですが、丹沢は一日でほぼ千メートルを登って下りてきます。ここを歩ければ、ほぼどの山も歩けます。それと、若いカップルの登山者が多かったです。

     

    写真は ここ http://30d.jp/tomoki77/105 にあります。

     

    表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

    コメント
    コメントする