<< 蓑毛〜丹沢ホーム〜ヤビツ峠〜大山〜不動尻 | main | 天狗ブナ 三国山稜 >>
2016.05.06 Friday

残雪の唐松岳

0
    JUGEMテーマ:山行記録


    5月6日に唐松岳をピストンしてきました。

    5日は八方尾根のゴンドラ乗り場に近いところにある「丸金旅館」に宿泊。この日は風が強くてゴンドラも休止状態。翌日は午前中のうちは天気が持つ、ということだったので、当初の予定としては「唐松岳頂上小屋」に一泊する予定を変更して、頂上をピストンすることに。

    8時始発のゴンドラには30人ほどの登山者が列をつくっている。8日までのスキー場営業が、記録的な少雪で3日で営業を終え、白馬には閑古鳥が鳴いていた。ゴンドラと2本のリフトを乗り継いで八方池山荘まで。足ごしらえをして8時50分に出発。夏道の登山道を進んでいく。

    唐松岳01

    9時40分。八方池に。もちろん雪に埋もれて池はみえない。このあたりから雪の上を歩くのだが、雪はぐづぐつで歩きづらい。10時すぎにちょっとした傾斜の斜面に。アイゼンを履く。天気は高曇り。白馬連峰の山々、五竜岳を眺めながらの登りが続く。

    夏道とはちがい、とにかく雪の斜面を直登していく。ただ、雪がくずれるので思うように足が進まない。丸山をこえて、最後の登り。12時10分。斜面をトラバースすればあと20分もしないで唐松頂上小屋に着くだろうと思われるピークに。ここまでで同行の妻がかなりバテてしまった。3時間で小屋まで着くかな、と思っていたので、ちょっと時間がかかりすぎている。

    唐松岳02

    これ以上進んでもしかたがないので、今日はここから引き返すことに。持ってきたパンを少しかじって、下りはじめる。下りは速い。14時10分には八方池山荘に。リフトを一本区だったところでランチタイム。まぁ、山登りは無理をすることはない。

    宿にもどって温泉に入り、帰宅の途に。ここ http://30d.jp/tomoki77/93 に写真があります。

    今回は途中敗退でしたが、前日の5日に白馬の山麓を散策しました。姫川源流自然園は良かったです。みつがしら、にりんそう、ばいかも、みずばしょう。たくさんの花が咲いていました。また、五竜スキー場には「かたくり」が咲いていました。。ほんとうに美しい景色でした。 花々の写真は http://30d.jp/tomoki77/92 にあります。

    唐松岳03

    Topにもどる
     

    コメント
    コメントする