<< 陣馬山 | main | 北八ヶ岳 北横岳〜白駒池 その2 >>
2016.03.04 Friday

北八ヶ岳 北横岳〜白駒池 その1

0
    JUGEMテーマ:山行記録

    毎年のようにこの時期には雪山に入っている。といっても、八ヶ岳が中心になってしまうのだが。今年も4日〜6日の予定で歩いてきた。北横岳ヒュッテと青苔荘に泊まり、夕日、星空、朝日の写真を撮るのが今回のテーマ。

    さて、八王子からあずさに乗って茅野駅へ。11時55分発のバスで北横岳ロープウェーまで1時間ほど。蓼科をこえると乗客は私だけ。冬の蓼科はいつもこんなもの。スキー場は高齢者ばかり。シニア一日券が2.500円。55歳以上。私も立派なシニアだ。片道は900円。青空が広がり絶好の天気。心が躍る。

    ロープウェーを下りると雪の少なさにびっくり。一昨年来た時は吹雪いていて、ここから北横岳のヒュッテまで歩くのにひと苦労だった。アイゼンを履いて出発。写真を撮りながら歩いた。ただ、樹木にまったく雪がついていないので、冬っぽい絵がなかなか見つからない。

    1時間ほどの登りで北横岳のヒュッテへ。アイゼンを脱ぐのが面倒なので立ち寄らずにそのまま頂上へ。15分ほどの急登をつめると北横岳の南峰。いやいやい360度の大パノラマ。いつものことだが、ここからの展望はすごい。北アルプスは槍ヶ岳、穂高岳、乗鞍岳。その左手に御嶽山。甲斐駒、北岳と南アルプスが続いて、阿弥陀岳、赤岳、硫黄岳と八ヶ岳の山々が身近に。その左手奥には奥秩父の山々と続いていく。

    北八ヶ岳01

    風もなく暖かなのでのんびりと眺望を楽しんだ。頂上には私以外に1人だけ。この方は16時のロープウェーで下りるということで早々に下山されていった。眺望を独り占めして楽しい時間を過ごした。

    北横岳ヒュッテはもう何度目だろう。ここの小屋主の方との会話もいつも楽しい。小屋主の方の写真の腕はプロ級。北横岳ヒュッテのホームページ http://kitayoko.fine.to は、数ある日本の山小屋のページの中でも最も美しいひとつだろう。今夜は私と、老夫妻の3人だけ。夕焼けを撮りに行きたいので缶ビールは一本だけで我慢。

    17時に小屋を出て再び山頂に。夕日が御嶽山のちょっと右手に沈んでいく。御嶽山のシルエットが本当に美しい。写真の腕が今ひとつなので、皆さんには実際のすばらしさが伝わりにくいかも知れない。

    北八ヶ岳02

    小屋に戻って自炊。鳥鍋。うまかったぁ。ここでも真澄のワンカップをひとつだけにしておいた。食事を終えて再び山頂に。ヘッドランプをつけて雪の斜面を登っていく。さすがにちょっと怖いが、山頂からの星空はまたまたすごかった。風もないので三脚を立てて写真を撮る。ISO感度を最大にして30秒ほどの開放。うまく撮れているかは戻ってみないとわからない。ここでアクシデント。ヘッドランプの電池切れ。幸いに予備の小さな電灯を持っていたから良かったが、危うく2500メートルの山頂でパニックどころか遭難するところだった。

    北八ヶ岳03

    小屋に戻ってすぐに就寝。明日も頑張って5時起きで山頂にむかう。

    写真は → http://30d.jp/tomoki77/90

    2日目の記録は → http://tanzawa77.jugem.jp/?day=20160305
    コメント
    コメントする