<< 八方池と唐松岳 その1 | main | 陣馬山 >>
2015.08.10 Monday

八方池と唐松岳 その2

0
    JUGEMテーマ:山行記録

    朝の4時50分に出発。ちょうど日の出のときで、歩きながらご来光を拝めました。

    今回は、八方池に映る白馬連峰の景色を見たくてのものです。八方池まではハイキングコースで、中国をはじめとした海外の方も含めて、昼間は渋滞ができるほどの人の波になります。とにかく、朝のリフトが動き出す前に池に行き、誰もいない中で写真を撮る、という作戦でした。5時45分に八方池着。途中で日の出の写真などを撮っていて時間がかかってしまいました。

    2015081001

    いやぁ、すばらしかったです。これだけの風景にどんぴしゃで出会えることはめったにないでしょう。ここのところ、山に入ると雨、といったことが続いていたので、本当にうれいかったです。山の景色で涙が出そうになったことは何度もありますが、今度のこの風景も心の底から震えがきた光景でした。すばらしかったです。

    ヒュッテで作ってもらった朝ごはんを食べ、三脚立てて写真を何枚も撮り、6時45分に出発です。この好天の中、唐松岳からの景色も最高のはずです。心躍らせながら登りにかかります。暑かったですが、途中の雪渓で心も身体も冷やし、もくもくと登っていきます。

    2015081002

    といっても、標高差で800メートルほどの登りです。8時35分。1時間50分で唐松岳頂上小屋に到着。いやいや、ほんとうに良い天気です。小屋で冷たい水を300円で購入。生き返ります。そこから30分ほどで唐松岳山頂に。すぱらしい眺めです。不帰(かえらず)キレットの向こうには、白馬の山々が続きます。もちろん、剣岳、立山の山々も西のほうにその全容を見せています。南には五竜岳が。南のほうは雲海で何も見えませんが、そのコントラストが実によい。

    ぜひ、写真をご覧になってください。 http://30d.jp/tomoki77/84

    2015081003

    小屋まで下りて、再び冷たい水500mlで300円を購入して下山開始。9時40分です。この時間ですでにガスが上がってきていて、今まで見えていた山々が急に姿をかくしてしまいました。今回は、日の出から3時間〜4時間が勝負。という、私の計画がぴったりとはまりました。

    カメラのレンズをマクロに替えて、登ってくるときに目をつけておいた場所で花の写真を撮っていきます。シモツケソウ、コイワカガミ、チングルマ、クガイソウ、キンコウカ・・・ 遅くまで残っている雪渓の周りにはお花畑が広がっています。11時に八方池に。すでにすごい人です。ここからの下りは、観光客の中に混じってしまって大変でした。11時40分にヒュッテ着。預けていた荷物を受け取って、すぐにリフトとゴンドラで下りました。

    2015081004

    みみずくの湯という白馬駅近くの温泉に立ち寄って、14時38分発のあずさでの帰宅です。いやぁ、久しぶりに良い景色に出会えました。山に感謝です。

    写真は http://30d.jp/tomoki77/84 です。

     

    「山が好き」HomePageへもどる

    コメント
    コメントする