<< 雪の上高地 | main | 八方池と唐松岳 その1 >>
2015.07.20 Monday

東丹沢 長尾尾根 

0
    JUGEMテーマ:山行記録


    2015年7月20日

    前日の19日にヤビツ峠経由で「丹沢ホーム」まで入りました。丹沢ホームははじめてでしたが、こんな良い場所があったのを今まで知らなかったのを悔やむほどです。ご主人の中村さんは、森の学校を開催したり、NPO法人の丹沢自然協会の理事をやられたりと、丹沢の自然環境を守り、次世代に受け渡していくことに尽力されています。

    丹沢自然協会 → http://www.geocities.jp/tanzawasizenhogokyoukai/

    次回は、是非ともたくさんのこどもたちを連れて訪れたいと思います。私のまわりには、神奈川の森について知ってもらいたいこどもたちがたくさんいます。私自身ができることをまたひとつ見つけられました。

    さて、朝の7時30分に出発です。今回は友人のMと一緒でした。彼は塩水に浸したバンダナを足首に巻いてスパッツを、私は“ヤマビルファイター”をたっぷりとスパッツにかけて出発です。何度も来ている丹沢ですが、ヒルが出るようになってからは夏の時期は登るのを避けていました。さて、どうなることでしょう。

    長尾尾根01

    丹沢ホームの裏手から長尾尾根に取りつきます。あまり歩く人はいない尾根で、静かな山歩きができそうです。ただ、しばらくは湿った樹林帯が続きます。ヒルがいそうです・・・ と思っていたら、

    ヤマビル

    何度も足下を確認し、“ヤマビルファイター”をスパッツと靴の間にかけ、という気をつかいながら登っていきます。途中、かなり崩れている場所があり、右手は崖なのでちょっと危険です。1時間ちょっとで県民の森との分岐点へ。ここで足下をしっかりと確認。友人のMは、2匹のヒルが足にとりついていました。

    長尾尾根2

    ここから3カ所ほど木の橋が架かっている場所を通って、どんどんと登っていきます。このあたりで1,000メートルちょっとというところ。左右に新しい鹿よけのフェンスが設置されていて、工事用のモノレールの軌道もあります。ある意味で関係者である友人のMは、先日このモノレールに乗ったとのこと。うーん。私も乗ってみたい(^_^)

    鹿よけのフェンスが設置されたのがH23年となっているあたりは、それなりに下草が復活しています。それにしても、ここまでもどるのにさえ数年がかかるのです。いったん失われた自然が元に戻るには時間がかかるわけです。それでも、きれいな広葉樹林帯がひろがっています。蛭が岳から檜洞丸の間の広葉樹の森も見事ですが、この長尾尾根の森もすばらしいです。

    長尾尾根03長尾尾根04

    暑いです。首に巻いたタオルが絞れるほど汗が噴き出ています。10時25分に林道側からの道と合流します。こちら側は崩落しているそうで通行止めになっています。ここから新大日までの登りがきつかった。10時45分に新大日に到着。さすがに表尾根を歩いている人は多いようで、何人かの登山者が休憩中です。ここまで約3時間。コースタイムでは2時間30分ほどとなっているので、まぁこの暑さの中にしてはそこそこの歩きかなと(^_^)

    塔が岳

    新大日を11時ちょうど発。塔が岳までは40分ほど。11時40分着。塔が岳の頂上はすごい人です。ガスっていて眺望は全くなし。もう腹がへってしかたがなく、お弁当にくらいつきます。12時30分に塔が岳を発。20分で花立小屋へ。いつもこの小屋に「氷」の旗が立っていたのを思い出し、祈るような思いで寄ってみました。ありましたよ。氷が。しかも400円。うれしかったぁ。

    氷

    それにしても大倉尾根は本当に歩きづらいです。たくさんの人が歩くからしかたがないのですが、階段状の登山道が足に響きます。堀山の家までくだって、冷たい缶ジュース250円を補給。おまけに梅干しをつけてくれた。そこからしばらく下りたところで急なにわか雨。雨具を出し、カメラをリックにしまって、と大騒ぎ。何だかんだと15時30分に大倉着。

    とりあえず顔を洗ってシャツだけ着替えて・・・ とやっていたら、Mの腹にヒルがとりついていました。私もスパッツを取ると、血を吸って太ったヒルがスパッツにこすれて死んでいます。家に帰って確認すると、ふくらはぎを2カ所ほど吸われていました。あれほど用心していたのに・・・ 

    久しぶりの丹沢。やっぱり、1日で1,000メートル以上を登って、1,000メートル以上を下るのは大変です。同時に暑さ。ヒルが出る前は沢登りでこの時期に丹沢に入ったことはあっても、稜線歩きは初めてでした。悪いモノをすべて汗と一緒に出し尽くした、というところでしょうか。でも、長尾尾根の広葉樹の森は本当に良かったです。

    ここ http://30d.jp/tomoki77/83 に写真があります。

    「山が好き」HomePageへもどる

    コメント
    コメントする