<< 北アルプス 西穂高岳 その1 | main | 北横岳 >>
2014.05.04 Sunday

北アルプス 西穂高岳 その2

0
    JUGEMテーマ:山行記録


    5月4日 日曜日

    とにかくよい天気。どこまでも、どこまでも青空が広がっている。なんとか早く稜線に立ちたい。9時過ぎにロープウェーののりぱにいたのだが、私たちが乗ろうとした直前にまたまた地震。点検のためにしばらくロープウェーは停止してしまった。整理券をもらって待つこと2時間弱。11時になってやっとロープウェーは動き出す。不思議なことに地震が続いているのにロープウェーは満員。自分が乗っているときに地震が来るかも、と誰も思わないのだろうか。といいつつ、私も乗っているのだが(^^)/

    050401

    すでに雲がかかりはじめていて、槍ヶ岳はチラッと顔を出しただけ。山頂駅を下りるとそこは冬山。駅の周りでも2メートルは積もっているだろうか。とにかくアイゼンをつけて歩き始める。途中の避難小屋も屋根にたっぷりと雪をのせている。13時15分。西穂山荘着。1時間半ほどの歩きだった。明日の天気が悪そうなので、荷物を山荘に置いて独標に向かう。

    050402

    ハイマツが頭だけを出している上を登っていく。たぶん夏道の上なのだろう。雲が空をおおっているが風はほとんどない。さすがに雪はやわらかく、踏み跡を外すと足がもぐってしまう。1時間ほどで独標のすぐ手前に到着。ただ、ここからは岩と雪のミックス状態。アイゼンを履いての歩行はちょっと厳しそう。とくに下りで岩に爪を引っかけると滑落する。

    050403

    14時30分。ムリすることもないので引き返すことにする。下りはけっこう膝にきました。最後の急斜面では滑り落ちてしまい、ピッケルを何度も雪面に刺して停止。というより、尻に敷くものがあれば尻セードの方がよっぽとはやい斜面です。15時30分。西穂山荘帰着。手続きをして部屋へ。今回は混雑が予想されたので個室を予約してありました。9,500円×2名+3,000円。食堂でのんびりとし、夕食。話題はやっぱり地震のこと。焼岳噴火の兆候、なんてことを言う人もありました。

    夕食

    5日は朝からかなりの降雪。風も強まる予想なので6時に朝食を食べて6時40分には出発。7時45分の始発のロープウェーに乗って下山しました。あまり眺望はなかったのですが、新穂高温泉の気持ちよさは十分に堪能できました。

    ここに写真があります → http://30d.jp/tomoki77/55

    表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp/
     

    コメント
    コメントする