2017.08.26 Saturday

仙丈が岳と甲斐駒ヶ岳

0

    JUGEMテーマ:山行記録

    山に連れていて欲しい、という若手の2人をつれて、南アルプスに。車で「仙流荘」まで入り、14時過ぎのバスで北沢峠に。テント場までは10分ほど。すでにたくさんのテントが張られていたが、川沿いの良い場所が運良く空いていて、そこに2人用と1人用のテントを張る。夕食は豪華に。

     

    タコキムチ

     

    マッシュポテト

     

    ステーキ

     

    明日の晴天を願いつつ就寝。

     

    8月27日 Sun

     

    朝の5時に起床。朝食は餅入りラーメン。

     

     

    北沢峠 6時30分出発 → 五合目(大滝の頭) 7時30分 → 馬の背ヒュッテ 8時30分 → 千丈小屋 9時40分 → 仙丈が岳 10時10分 → 昼食 → 11時30分 頂上発 → 小仙丈が岳 12時30分 → 北沢峠 14時30分

     

    大滝の頭まではひたすらの登り。そこからトラバース気味に馬の背ヒュッテへ。沢の水が小さな滝となっていくつも流れている。馬の背ヒュッテを過ぎて少し登ると、甲斐駒ヶ岳が後方にドーンと現れる。そして目の前には千丈が岳が。とにかく良い天気だ。いやぁ、ほんとうに気持ちの良い山歩きだ。

     

    千丈が岳の頂上はたくさんの人で賑わっている。ちょっと下ったところで昼食。スパムをフライパンで炒めて、トマトソースで煮込む。パンと一緒に。

     

     

    藪沢カールを下に見ながら小千丈尾根を小千丈が岳へ。ずっと甲斐駒が岳と北岳をはじめとした白根三山を眺めながらという贅沢な稜線歩き。富士山も一瞬だが姿を現した。

     

    小仙丈尾根をひたすら下って北沢峠に。

     

    いやいやほんとうにすばらしい天気に恵まれた山行になった。

     

    夜はコンビーフとキャベツのデミソース煮込み。

     

     

    8月28日 Mon

     

    昼のバスに間に合わせたいと4時に起床して朝食。ハンバーグカレーで腹ごしらえ。

     

     

    北沢峠 5時40分発 → 仙水小屋 6時 → 仙水峠 6時40分 → 駒津峰 8時10分 → 北沢峠 11時

     

    駒津峰まで進んだところで、わたしは膝が痛くなってしまい、同行の2人だけで甲斐駒ヶ岳の頂上を目指してもらうことに。わたしは双児山をたどるルートをゆっくりと下る。膝サポーターを右だけにつけて、左につけなかったのが良くなかったようだ。

     

    若い2人は甲斐駒ヶ岳の山頂を往復し、走るようにして12時にはテント場まで下ってきた。急いでテントを撤収して、13時のバスに乗って帰宅の途に。

     

    2日目の天気はいまひとつだったが、1日目の仙丈が岳の展望は忘れられないものとなった。

     

    それと、今回は一眼レフのカメラを忘れてしまい、写真はすべてスマホによるもの。これも大失敗だった。

     

    どうぞ写真をご覧になってください。

      ↓   ↓   ↓   ↓

    ここ http://30d.jp/tomoki77/136 に写真があります。

     

    表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

    2017.08.15 Tuesday

    8月13日〜14日 北アルプス 唐松岳

    0

      8月13日〜14日 北アルプス 唐松岳 

       

      JUGEMテーマ:山行記録

       

      本当はテントをかついで雷鳥沢に入り、剣岳、立山、五色と登ろうと計画していたのですが・・・

       

      とにかく天気が安定せず、日曜と月曜だけが少しよさそう、ということでした。

       

      しかたがないので、妻の不調で昨年の5月に途中で引き返した「唐松岳」を登ることにしました。日の出前後だけでも山々が姿を現してくれるのではないか、ということで頂上小屋泊まりです。

       

      登りの途中では「扇雪渓」で「おこじょ」に出会えました。ちょこまかと雪渓の上を飛び回る姿は本当に愛らしかったです。

       

      予想通り、日の出前後の数十分だ、雲がわき上がる中での、剣・立山連峰、白馬の山々、五竜岳と唐松岳が、その勇姿をみせてくれました。

       

      すばらしい景色でした。

       

      感謝です。

       

      写真をご覧ください ↓

       

      http://30d.jp/tomoki77/130

       

       

      表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

      2017.05.07 Sunday

      丹沢 経ヶ岳

      0

        JUGEMテーマ:山行記録

         

        5月7日 丹沢 経ヶ岳 を歩いてきました。

         

         

        朝の9時20分本厚木駅発のバスに乗って「半僧坊入り口」のバス停へ。下りたのはわたしひとりだけ。

         

        バスが来た道をちょっと戻ると「経ヶ岳」の登山口。とにかく人がいない山を、ということでこのルートを選択。確かに「経ヶ岳」の頂上まで登山者にはひとりも出会いませんでした。

         

        「経ヶ岳」の山頂までは杉の植林の中のつまらない登山道。それが「経ヶ岳」の山頂を過ぎると一変します。ブナ、コナラ、サワシバ・・・ 広葉樹の森が広がります。気持ちいい(^^)

         

         

        しかも、ヤシオツツジの赤い花の木々の群落があちこちにあり、もう感激でした。花はつぼみの方が多く、あと1週間ぐらいで緑の中に真っ赤なヤシオツツジが満開になることでしょう。

         

         

        さすがに八ヶ岳の筋肉痛もあり、「経ヶ岳」から「仏果山」への縦走は断念。途中のベンチで昼食。なんと、ひとりステーキです。サイコー(^^)

         

        宮ヶ瀬の湖をチラホラと眺めながら「土山峠」に下山。バスを待って本厚木の駅へ。

         

        ここ http://30d.jp/tomoki77/119 に写真アルバムがあります。

         

        表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

        2017.05.05 Friday

        麦草峠〜北横岳〜麦草峠

        0

          JUGEMテーマ:山行記録

           

          5月4日

           

          小田急線の六会日大前駅にて5時半にT君を車でひろって、圏央道→八王子JC→中央道→諏訪南IC→ビーナスラインと走り、麦草峠に。連休中の渋滞に多少は巻き込まれるも、11時30分には到着できた。足ごしらえをして出発。登山道に入るとすぐに雪道に。2人とも「輪かん」を装着。お昼近くの雪道はほぼシャーベット状に。踏み抜きもあるので「輪かん」が最適。

           

          大石峠を経由して五辻方面に。16時までには北横岳ヒュッテに着いていたいので、茶臼山、縞枯山に登るのは明日にすることに。五辻東屋に12時40分着。アルファ米のドライカレーと肉団子、トマトスープの昼食。アルファ米は白飯がうまい。なぜか、混ぜご飯やカレーにするとバサバサしておいしくない。

           

           

          13時30分に五辻東屋を出発。14時30分にロープウェー山頂駅に到着。ここからは観光客もたくさんいて、坪庭をめぐる道はきれいに除雪してある。「輪かん」を脱いできれいな道をしばらく歩く。10数分で北横岳への登山口への分岐へ。ここからはまた雪道に。アイゼンを装着する。今回は6本爪。

           

          歩き始めると下山してくる登山者数組とすれ違う。あきれたことに、軽登山靴でアイゼンを履いていない者、運動靴の外国人、スパッツをつけていない者。自分がケガをしたり、骨折したりするのは自由だが、そうなると必ず他人に迷惑をかけることになる。北横岳はロープウェーを下りてからすぐに登山口になるので、こうした「とんでもない者ども」が混じってしまう。困ったものだ。

           

          そんなこととは関係なく、山は本当にきれいだ。

           

          !5時30分に北横岳ヒュッテに到着。小屋主さんに声をかけて頂上に向かう。急登を20分ぐらいで頂上に。北アルプスの方面は雲がかかっていて眺望はないものの、赤岳をはじめとした南八ヶ岳の山々はきれいに見渡せる。甲斐駒ヶ岳、北岳などの南アルプスも美しい。

           

           

          T君はこうした眺望のある山は初めて。感動してくれたようだ。連れてきてあげて良かった。

           

          小屋に戻って落ち着いてからビール。これが本当にうまい。夕食までの時間、日本酒も開けて呑み始める。いつもは日の入りや夜の星を撮りに行くために自炊をして酒も控えるのだが、今日は夕食もお願いしていてのんびりと。

           

           

          夕食は定番の「馬肉のすき焼き」。二十数名のお客さんが入っている。こんなにたくさんのお客さんと一緒になるのは初めてだ。10回はこの山小屋には宿泊しているが、3月の初めに来るのがほとんどなので、いつもお客さんは何人かだったりわたしひとりだったりということが多い。

           

           

          おいしい食事とたっぷりの酒で眠りに誘われて早々に布団の中に。

           

          おやすみなさい。

           

          ここ http://30d.jp/tomoki77/118 に写真があります。

           

          表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

           

          続きを読む >>
          2017.03.03 Friday

          雪の北横岳と天狗岳

          0

            JUGEMテーマ:山行記録

             

            まずは、東天狗岳からの眺望を堪能下さい。強風の2600辰覆里派切り音はご容赦下さい。

             

            https://youtu.be/vD95EaxZxVA

             

            3月3日、八王子発のあずさで茅野駅に。お昼過ぎのバスに乗って北横岳ロープウェーの駅へ。お昼のおにぎりを食べてロープウェーで山頂駅へ。今回は、雪山初体験のS氏が同行。

             

            足ごしらえ、服装を整えて12時30分に出発。雪は降っていないが、どんよりと曇っている。北横岳ヒュッテへの登りはガチガチに凍った状態。アイゼンの歯がガシガシと雪をとらえてグングンと登っていく。

             

            1時間ほどでヒュッテへ。

             

             

            荷物を小屋前にデポして山頂に。眺望はほとんどない。

             

             

            小屋に戻って暖まっているうちに青空が出てきはじめた。日の入りを見にいこうと再び山頂に向かう。

             

             

            いやいや、絶景でした。北アルプスも茜色に染まり、山頂の白い雪も夕日に染まりました。でも、とにかく寒い。

             

            小屋に戻って自炊。ホットサンドとポトフ。

             

             

            ここ http://30d.jp/tomoki77/111 に写真アルバムがあります。

             

            表紙のページに戻る → http://tanzawa.a.la9.jp

            続きを読む >>